法律に基づく仕事を執り行う職種

法律に関する仕事で通常思いつくものとしては、弁護士の業務が1番最初に思いつくものだと思います。
弁護士は司法試験に合格し、法律業務を全般的に取り扱うことが出来る職種です。
その他にも職責上の制限の差はいろいろとありますが、司法書士や行政書士等も法務を行う職種です。
司法書士は司法書士試験に合格し、登記事務等を行うことが出来る職種です。
行政書士は行政書士試験に合格し、官公庁等に提出する書類等の作成等を行うことが出来る職種です。
また、その他にも医師、公認会計士、税理士等もそれぞれ専門的な分野の職務を行うことになっている職種です。
それぞれの職種において、分野や執り行う業務内容や合格している国家試験の種類などに相違はありますが、総じて「・・・士」と名のつく職種は何らかの国家試験に合格し、それぞれの専門分野において専門法に基づいた業務を行う事ができる専門職です。
代表的なものとしていろいろな職種を挙げてみましたが、法律に関する職種はいろいろなものがあります。

事務用封筒作成します

各種エアコンを激安価格で販売

アンテナの方向調整

騙されないエアコン工事

法律には著作権というのがあります

数多く定められている法律の中に著作権というのがあります。
著作権とは著作物を創作した者の事を指し、著作物を有形的に再製する複製権や空間的に伝達する演奏権・公衆送信権等も含まれています。
また著作者の人格的価値を保護する著作者人格権があります。
著作物を創作した者は自動的にこの権利を得る事ができます。
原則として著作者の死後から50年間はこの法律に守られる事になります。
著作者以外の者が無断で創作したものを使った場合はどうなるかというと、これは法律違反となり、著作権侵害として罰せられる事になっています。
被害者が告訴する事により侵害者を処罰する事が可能となっています。
主にどのような罰則を受ける事になるのかというと、10年以下の懲役また1000万円以下の罰金となっていて、著作者人格権・実演家人格権を侵害したものについては5年以下の懲役と500万円以下の罰金となっています。
そのため、罰則はかなり厳しいものになっています。

最新投稿

  • 税金に関する法律の専門職

    税金に関しての各種法律(国税通則法、所得税法、法人税法、消費税法等)の規定に定められているものは、そ …

    続きを読む...

  • 法律の仕事をするためには

    法律関係の仕事をしたい場合には、大学の法学部を卒業すると有利です。
    法学部では法律に関する事柄 …

    続きを読む...

  • 法律を取り扱う仕事とは

    法を取り扱う仕事は、裁判官、検察官、弁護士だけというイメージをお持ちの方は少なくないと思います。

    続きを読む...

  • 法律の仕事で誰にでもチャンスがある司法書士

    法律の仕事と言うと弁護士や裁判官または検察官などが上げられます。
    その中で司法書士というのも最 …

    続きを読む...

お知らせ

一覧